トップページ > 福祉人材センター >福祉人材センターのご案内 >貸付事業のご案内

かながわ福祉人材センター

介護福祉士等修学資金のご案内

更新日:平成3010月17日

介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業のご案内

「介護福祉士実務者研修受講資金(実務者研修受講資金貸付事業) 」は、介護福祉士国家試験を実務経験ルートで受験する場合に必須要件となった、実務者研修を受講する方に、その受講に必要な資金をお貸しする制度です。
介護福祉士資格取得後、神奈川県内で介護等の業務に 2年間(※1)継続して従事された場合は、申請により貸付金の返還が免除となります 。
※1 免除の申請には、2年間の在職のうち、360日以上の従事日数または、週20時間以上の従事が必要となります。

介護福祉士修学資金等貸付事業 介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業のご案内(PDF形式255KB)


貸付要件等
神奈川県内の実務者研修施設に在学中、または受講決定していて、介護福祉士の資格取得後、県内で介護等の業務(※2)に従事する意思があり、次のいずれかに該当する方が対象となります。

@県内で介護等の業務に従事している方(※3)
A3年以上の介護等の実務経験を有し、県内に住民登録している方
B3年以上の介護等の実務経験を有し、県内の実務者研修施設に在学する方

※2 「介護等の業務」に該当する具体的な従事先や業務内容については、こちら(PDF形式208KB)をご覧ください。
※3 研修終了年度の翌々年度までに受験資格を得られない方は対象となりません。

貸付額と貸付金利子
貸付額
200,000円以内 一人1回限り

貸付金利子

無利子
 *返還期限(概ね返還開始から10カ月)を過ぎると年利5%の延滞利子が日割りで加算されます。

貸付申請にあたっての留意事項
  • @実務者研修をすでに終了された方はお申込みできません
  • A申込者は65歳までに実務者研修施設に在学・研修を修了し、申請時において、県内にて介護等の業務に従事中であることが望ましいとしています
  • B本貸付には連帯保証人が必要となりますが、連帯保証人は申込者が申請をする時点において80歳以下であることが望ましいとしています
  • C介護福祉士の国家試験に合格しなかった場合は、研修終了年度の翌々年度までの受験で合格することが必要となります。合格できなかった場合は、貸付金についてご返還いただくことになります


申込手続き等

申込手続きは福祉人材センターにご来所いただくことが必要です。

■ 貸付申請に必要な書類
@貸付申請書
A業務期間証明書など
B研修施設の在学(受講)証明書
受講予定の場合は「受講決定通知」等実務者研修に申込をしていることがわかる書類や受講期間がわかる書類
(後日、在学証明書の提出が必要となります)
C3カ月以内の住民票
D個人情報の取扱いについての同意書

*申請に必要な書類は、窓口でお渡しするほか、本会より希望者へ送付いたします。また、申込書の受付では、運転免許証など、ご本人確認の書類が必要です。
*このほか、貸付審査に必要な書類の提出をお願いする場合があります。 また、貸付申請書類の返却は致しません。

福祉人材センターのホームページはこちら


実施主体・問い合わせ先
  • 社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会(かながわ福祉人材センター)
    〒221−0835 横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2 13階
    電話 045−312−4816  
    月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
    ★窓口での受付は午前9時〜午前12時、午後1時〜午後5時です
    (午前12時〜午後1時にご来所される場合は事前にご連絡ください)