トップページ > 相談する > 法人経営・福祉施設運営の相談 > 福祉サービス利用者意向調査キット

法人経営・福祉施設運営の相談

福祉サービス利用者意向調査キットのご案内

更新日:平成25917

 福祉サービスを利用される方の意向や期待に応える、質の高いサービスを提供していくための一助として、「福祉サービス利用者意向調査キット」をぜひご活用ください。

調査キットとは

 「福祉サービス利用者意向調査キット」は、自己評価活動が積極的に取り組まれることを願って、自己評価支援方策の一つとして開発しました。
 職員が調査票を作ったり、集計したりする必要が無いので、人手をかけずに利用者の意向が把握でき、サービスの質の向上に役立てられます。
 また、利用者は事業所を通さずに県社協に直接回答するので、安心して本音や思いを述べられます。




効果(導入事例)
■活用事業者の声

● 職員会議で報告し、保育園の良いところ、改善点を明確にしたうえで、すぐに改善できるもの、長期的に改善していくものを計画的に取り組んでいきたい。
● 利用者、家族が直接では話しにくい部分も、間接的であると伝わってくることがある特徴を感じる。
● 接遇改善のための一次評価として利用した。自由意見は特に参考になった。

■活用方法

詳しくは、「福祉サービス利用者意向調査キット活用のすすめ」(冊子版)をご覧ください(PDF形式 1,420KB)


申込のながれ



費用
《利用額(税込》
基本額(35,500円)+(調査手数料(1名あたり300円)×調査票配布数)
@ 調査は原則として「事業所」を単位とします
A 上記価格には、事業所から利用者(家族への)調査配付時にかかる通信料は含みません (事業所から利用者(家族)に調査票を配付する際にかかる費用は事業所負担となります)
B 原則、同一建物内で行われている複数サービスを同時に調査する場合(特養とデイサービスなど)は、1サービス増につき、5,000円を基本額に加算します。
*但し、各サービスごとに単独での調査分析コメント作成を希望される場合は、サービス単 位分の基本額を申し受けます。

■参考例
(例1) 特別養護老人ホーム:配布数100人分で申込の場合
基本額35,500円+(@300円×100人分)=65,500円

(例2) 特別養護老人ホーム:配布数100人分、デイサービス:配布数50人分で申込の場合
基本額35,500円+追加分5,000円+(@300円×150人分)=85,500円

(例3) 保育所:配布数80人分で申込の場合
基本額35,500円+(@300円×80人分)=59,500円


申込方法

必要事項を申込書に記載し、FAXにて県社協担当課までお送りください。
申込用紙はこちら(excel形式 29KB)


関連資料のご紹介

「福祉サービス利用者意向調査キット活用のすすめ」(冊子版)(PDF形式 1,420KB)
「福祉サービス利用者意向調査キット活用のすすめ」(概要パンフレット)(PDF形式 347KB)

メニュー
福祉施設経営指導事業
相談事例Q&A
自主監査事業
   
福祉サービス利用者意向調査キット